畑の実り満喫

十一月のお料理教室にご参加下さってありがとうございました。

晩秋に差し掛かり天候が荒れましたが

教室を開いた三日間は穏やかに晴れて

室内にいても爽快でした。

穏やかさは続いていて昨日も今日も明日も

畑仕事がはかどる天候で有難いです。

少しづづ進んでいるのが

夏野菜の残滓の片づけと草木灰作り。

それから紅葉を楽しみつつ

落葉をあちこちから畑に集めてきて

畑の草と混ぜ混ぜして堆肥作り。

種もまだ撒いています。

来春収穫になるでしょう

エンドウ豆やにんにく、蕪や大根。

畑の様子もぼちぼち紹介しますね。

興味ないかもしれませんが

マニアックなたい肥作りも(^^)v

でも まずは秋のごはん。

茄子をスクスク育ててくれた落花生と

ツルボケしないように気をつけて

あとは自由に放任してた紅薩摩の炊き込みご飯。

少し古代米を混ぜて季節の色を演出。

ここで使ったのは黒米(紫米)だけですが

赤米や押し麦、煎り玄米を混ぜて雑穀炊きも良いですね。

黒米は餅米のような食味ですが

赤米はうるち米に近いようです。

さつま芋、下にいっぱい隠れてます。

豆と芋なら他には小豆とさつま芋とか

大豆とさつま芋とか

落花生と里芋とかも美味しいですよ。

副菜はフィッシュコロッケ。

秋ジャガ(二種類の男爵)に香菜をたっぷり。

魚は秋刀魚。

秋刀魚は旬の時期より油が多いので

湯引きにするのがおすすめです。

内臓と頭を除いて洗った秋刀魚を二つに切り

沸騰したお湯で四分茹で ざるにあげます。

エスニックな香辛料で味付けて

茹でたてのジャガイモと合わせます。

香り菜は、パクチー、葉セロリ、三つ葉など。

細かく切れは穏やかに香り

大きく切れば香りとともに存在感が増します。

以前より虫食いが少なくなったアブラナ科の葉物と

今年の寒の内に仕込んだ新味噌で

炒め菜の味噌汁も作って頂きました。

今回の無農薬無肥料野菜の自給率は百%。

お百姓冥利です。

ちょっとづつですが

佐賀大和で学んだことも

畑が応えてくれてると思う。


先週末の岡本よりたかさんの秋冬編

佐賀大和セミナー第二回目。

茄子の主根が横に伸びて行く様子を説明してくれてる

よりたかさん。

たくさんの学びをありがとうございます。

料理も農業も化学が大事って思うようになった私は

確実に脳内が化学反応しています。


今日もありがとう。


あでっそ畑から健康生活を考える。

お百姓しながら健やかな生活をご提案  まずは食べ物「食」 無農薬、無施肥での野菜づくり、家庭料理の料理教室。  そして空気「住」 体に有害な材料は使わない、体のためにも自然住宅を。

0コメント

  • 1000 / 1000