土から生まれるもの

暑中お見舞い申し上げます。

今日、被災された小石原の窯元に行ってきました。

料理教室用に特別にお願いしたラザニアの器と平皿を受け取りに。

器をお願いしたのは春でした。

想像以上に窯元は忙しく

秋以降しか出来そうにないスケジュールを

六月の終わりに完成させてくれ

七夕に受け取りに行く約束をして

あの豪雨被害。

正直、器どころではないな。

そう思ってました。

ところが早々に「仕事を再開した」とご連絡を頂き

逆に早く行く段取りをつけないと(^^;ということに。

辰巳窯さんは気が良い方で

行くたびに色んな事を教えてくださるのですが

今日は六十℃まで下がった窯に入らしてもらうという

面白い経験をさせてもらいました。

そこは温かいのにまったく湿度を感じない澄んだ空気があって

古墳の石室のような空間を思わせました。

その窯で焼かれた平皿は八月のお料理教室で

バジルの茶飯に使わせてもらいます。

青と緑と

かすかに混ざった釉薬が野菜にとても合いそうです。

八月の献立は

ふたつの茶飯

バジル醤油

夏野菜の冷やしおでん風

トマトの白だし

だしをとったトマトの始末料理/べジハヤシライスかべジカレー

トマトと青紫蘇のシャーベット

ほうじ茶甘酒


ゆったり

ふんわり

すんなり

暑さにめげない元気なからだ。

そんなイメージで作りました。

小石原から帰った今日の夕方

政喜さんの手を借りて畑に堆肥を広げました。

(仕事が終わったら真っ暗、トラクターは明朝)

これは日田の森林組合から分けてもらってる

日田杉と桧のバーク。

百℃を超える温度で発酵しているから

バーク特有の虫の心配がない土壌改良資材。

日田から軽トラの荷台にこれをひとやま乗せて

小石原まで行きました。

辰巳窯さんはこのバークを握って

「釉薬にしたら面白そう」と言ってました。

辰巳窯さんの創作意欲、感服です。

作陶の土づくり、農家の土づくり

少し似てる。

そんなことを考えて今日が暮れました。

今日もありがとう。


遅くなってますが

七月のお料理教室の報告は

来週明けに。

あっ、八月のお料理教室の後になるという事か(^^;

申し訳ないです。

ご容赦ください。









あでっそ畑から健康生活を考える。

お百姓しながら健やかな生活をご提案  まずは食べ物「食」 無農薬、無施肥での野菜づくり、家庭料理の料理教室。  そして空気「住」 体に有害な材料は使わない、体のためにも自然住宅を。

0コメント

  • 1000 / 1000