種子

牛蒡(ごぼう)の花が咲きはじめました。

夏の新牛蒡は爽やか。

まだ畑に少し残しているので

七月のお料理教室のトマトカレーで使おうと思ってます。

花の後は種を心待ちにします。


春菊の花があんまり綺麗で

ずっと咲かせていたら種になり

それをまいて育ててみた。

種から種へ。

そんなことを意識し始めたのは

この小さな喜びがきっかけでした。


前々回の政喜さんの「種の整理」という記事で

同じ畑で何代か作り続けると

野菜にも個性?がでてくるとか

「練馬だいこん」「桜島だいこん」などのご当地野菜とは

ちょっと違うかもしれませんが

そのうち 「おしんげし大根」新種発見か! なんてことに。

(妻)「そんな訳 ないでしょ!」ペシッヽ(*´∀`)ノ


政喜さんたら、知らないことを適当に書いてます。

これくらいなら・・・・まっいいか。

そう思ってほっといたんですけど。。

また農ネタを書いてるし、ほっとけなくなりました。

長くなるけど、興味のある方、読んで下さい。


「種子の整理」実際はこんな会話でした。

政喜、「全部 ちゃんと芽が出ると?」

私、「いい種ならね」

政喜、「どうやって見分けると?」

私、「つやがあって大きくて形がいいものを選んでる」

政喜、「すぐにはわからんね」

私、「老眼鏡かけたら見えるけわかるよ、笑」

政喜、「採った後の管理が大変そうやね」

私、「でもここも、おばあちゃんの時代は種とりしよったんやろ」

政喜、「昔はこんなに野菜もん作りよらんやったし、採ってないと思う」

(出荷用の野菜は作っていないという意味)

私、「自家用は作ろうけん、採りよったと思うよ」

(家で食べる分は自家採取してたはずという意味)

政喜、「そうかもね」

私、「私が家庭菜園を始めたころ『この種は旨いし、強かけん』って

お義母さんが採り続けた瓜の種をくれたよ」

政喜、「へぇー」

私、「種を野菜室で保管する方法もお義母さんが教えてくれたんよ

湿度に気をつけて管理せんねって言って」

政喜、「へぇー」

それから種の管理に湿度がいけない理由とか

最近の種子消毒のこととか

種の発芽スイッチとかの農家ばなしをしました。

この程度の事は、大した知識じゃないけど

政喜さんは「へぇー」を連発してました。

「そんなことを書いている本が読みたい」と言うので

「家じゅうにあるよ、笑」と言ったら

「あんな大量に読めん!」と言うので

むかし野菜を作る雲仙の岩崎さんの本を含めて

(この方は美味しい野菜の種を作る名人)

数冊渡したら、固定種の存続に熱心な種やさん、

野口さんの自家採取のハウツー本を選んだようです。

そして早速、出張のお供にしてました。

そして・・・・。

性懲りもなくエピソードを自作自演してました(^^;

知らん事をテキトーに書いたらいかんてば!!


F1種は、優性遺伝子が次の一代には必ず受け継がれる

命の不思議を応用して作った種。

すごい種です。

義父と義母が育てている野菜の全てはF1種です。

(前述の義母がくれた瓜の種は昔からの在来種)

もちろん違う道を行く農家もいらっしゃいます。

私も義父と義母とは違う道でしょう。

でもF1種を否定しません。

自家採取は楽しいから続けると思いますが

頑張りどころはそこではありません。

どんな種でも無農薬で育てる事が出来る

懐の深い畑を作ることこそ大事です。

だから今はその環境のひとつ、土の勉強中。

土の勉強だけで一生かかりそうですが、笑


政喜さん、いつもありがとう。

愉快に野菜を作りましょう。

またダメ出しするかもしれないけど

これからも軽めの農ネタ 楽しみにしてます。


あー長かったぁ。

読んで下さって感謝。

(人''▽`)ありがとう☆





あでっそ畑から健康生活を考える。

お百姓しながら健やかな生活をご提案  まずは食べ物「食」 無農薬、無施肥での野菜づくり、家庭料理の料理教室。  そして空気「住」 体に有害な材料は使わない、体のためにも自然住宅を。

0コメント

  • 1000 / 1000