新春の味噌のワークショップ

来年の一月十四日、十五日、十六日に

寒仕込み味噌の会を開く予定です。

お料理教室にいらっしゃっている方には

お一人づづ直接お話で来たのですが

まだ 最終の出欠の確認と当日の詳細の

ご連絡が行きわたっていないので

ブログでご案内させていただきます。


お席は満席になっているので

新たなご予約はごめんなさいね。


日程は上記の通り

開始時間/午後一時半より

散会予定/午後四時半ごろ

ご持参いただくもの/四キロ仕込める容器(ふたは必要ありません)

          この会では、寒仕込みという古風な仕込みを

          ご紹介しています

          大寒の時期に仕込み 夏の暑さを越え 晩秋に開く                         

服装など/座り込んでの作業 ネイルはとって爪は短く

     手をいっぱい使います 肘までまくれる格好

     用心のため納豆は食べてこないでください、笑

仕込み方/二人一組で味噌団子を作り

     ご持参された容器に仕込む

参加費/お一人 千五百円/甘酒&ほうじ茶&ぜんざい付き

材料費/麹と大豆と光熱費として 味噌一キロ六百円×四キロ=二千四百円

  

ご案内より三十分遅らせました。

開始時間は午後一時半です。


私は菌に敬意を表し せっかく仕込むなら

日本の土で焼かれた「かめ」をおすすめしていますが

プラスチックやホーローなどの容器でよいですか?

という質問を頂く事があります。

寒ければ寒いまま、暑ければ暑いまま

ダイレクトに環境に左右されるプラスチックやホーローでも

出来たというお声は聞いていますが

出来上がった味噌を食べ比べていないので

「かめ」のようにしっかり熟成しているのかはわかりません。

今後勉強する機会があれば学びたいと思います。

容器はご自身のご判断でお持ちください。

宜しくお願いいたします。


詳細は以上です。

共同作業で仕込みますので

先に帰る事が出来ません。

時間的に厳しい方もいるかもしれません。

共通一次もあるし

無理のないところでご参加下さい。

欠席の方はお手数ですが年内までに

下記までご連絡頂けると助かります。

ご質問もご遠慮なく。


長々読んで下さってありがとうございます。

あでっそあぐり i

携帯090-3882-0690


今年の寒仕込み風景より

あでっそ畑から健康生活を考える。

お百姓しながら健やかな生活をご提案  まずは食べ物「食」 無農薬、無施肥での野菜づくり、家庭料理の料理教室。  そして空気「住」 体に有害な材料は使わない、体のためにも自然住宅を。

0コメント

  • 1000 / 1000