立春

寒さも緩んで 早春を感じるここ数日

二月のお料理教室は そんな立春から三日間

畑から台所へ、台所から 畑へ

お料理して 笑って 食べて

久しぶり まめまめしく動いて

充実しておりました。

二月の「まめ」と言えば やっぱり節分。

魔を射る為に「射り大豆」

炒って 炒って 念が行って

すこーし焦がしすぎかな

でも お茶には最高なんよ。

今月のお茶としてお出ししました。

「とても温まる」「香ばしい」

と喜ばれて 嬉しかったです。

作り方、お願いされたので

簡単にご紹介させてください。


●炒り大豆茶

材料/乾燥大豆・・・炒れる程度の量

道具/鉄フライパン又は土鍋

オーブンも可/手間いらず


最初は弱火、低温(140℃~160℃)で三十分

その間フライパンをたまに揺する。

大豆油の香りが立ってきたら 強火(180℃~200℃)にし

大豆の皮が割れ 程よい焦げ目が全体についたら完成。

その間フライパンをまめに揺する。

冷まして その後 密閉できる瓶に保管。

私はお台所の片隅に置いて

三月の初旬まで楽しんでいます。

二リットル用の土瓶で

大さじ四杯~五杯強くらいの煎り大豆を

使いますが そこはお好みで。

お茶を楽しんだ後の大豆は

お湯でふっくら。

使い終わった大豆は土に返すと

良い堆肥になりますが

お料理に使いたい方は

私のように焦がすと使いにくいので

香ばしいきな粉が出来る程度に

仕上げてはどうでしょう。


ん?

お料理教室のお話のつもりが

お茶談義になっちゃった(^^ゞ


続き

明日また

書かせていただきまする。


今年も早々 道草 三昧。

ご愛読、感謝でございます。

あでっそ畑から健康生活を考える。

お百姓しながら健やかな生活をご提案  まずは食べ物「食」 無農薬、無施肥での野菜づくり、家庭料理の料理教室。  そして空気「住」 体に有害な材料は使わない、体のためにも自然住宅を。

0コメント

  • 1000 / 1000