キッズパオ あおぞら園

今年の四月 佐賀大和に「すこやか保育園」が開園となり、そこからのご縁で 道後温泉の近くに 新しい保育園を設計させていただきました。

すこやか保育園の運営委託を受けてある「株式会社マミーズファミリー」さんの 本社オフィスを二階に設けた キッズパオあおぞら園 道後です

坊ちゃん電車で有名な市電が走る 幅の広い国道に面した二階オフィスは、外部からはプライバシーの保護 内部からは外の風景が楽しめるよう 縦型の板状ルーバーを 道路側と一部側面に連続して設置、無機質になりがちなルーバーですが 一階が保育園だという事もあり 色違いの木目としランダムに並べ 楽しさと暖かさを演出しました。

一階保育園の外壁は 道路から少し距離をおいてセットバックさせています

中の園児たちから見て 外を通る車や電車、人影が近すぎて怖い!という事がないように配慮。

建物奥側に入口を設け 園児たちの道路への飛び出しが無くなるよう配慮し、あわせてオフィスへの来客用駐車場からも玄関へ入りやすくしました。


一階 保育園の仕上げは

すこやか保育園を見て体感した増田オーナーが、ぜひうちの保育園にもこれを実現させたい!と言ってもらった 〇宣言仕様で。 オーナーがいつも言ってある「感性を育てる保育園」が この空間にも実現できていたらと思います。

床・腰壁は杉の無垢材を 壁は漆喰を塗り 天井もまた無垢の板材  サッシはペアガラス、外壁の断熱材は外・内のダブル断熱に遮熱塗料仕上げ

内部仕上の漆喰や無垢板による調湿機能もプラスした仕上げです。なので、体に害になりそうな嫌~な匂いが全くしない空間の中、園児やスタッフにやさしい 安心な空気を吸って 園児たちも楽しそーにはしゃいでました。

トイレも同様の仕上げです

何度見ても 子供用の便器のサイズに顔が緩んでしまいます。


保育園と会社共用の玄関は 正面に小さな坪庭のある開放的な空間のなか 会社と保育園へ左右に分かれる動線とし 二階に上がるスケルトンの木造階段は横向きに設置しました。

本物の石垣とはいきませんでしたが、松山城を連想させる写真パネルの手前には 狭いながらも植栽と石敷きの庭。この小さな庭にも 小さな季節が現れてきそうです。

二階への木造階段


二階オフィス

女性スタッフが多い事務所は 清潔感と働きやすさを重視しました

正面の大きなガラス窓は 外側に縦型ルーバーを取り付けた窓です。最初にこの現場を訪れたとき こちら側の風景だけは活かしたい!と思った結果です。

室内側からだと、正面に綺麗な景色が目に入ってきます。


そのまま少し視線を横にずらせば だんだんと風景も閉じていきます、下の写真は ひめぎんホールという公共の建物ですからまだいいのですが、左を向けば マンションなどが建ってますので そんな時にこのルーバーは便利ですね。

パソコンで疲れた目を 遠くの緑の景色で癒してもらいながら、熱いお茶でも・・なコーナー。

事務所内にオープンキッチンと 休憩やおしゃべりも出来るダイニングテーブル

オーナー「昨日、初めてこのキッチンを使って料理してみたの。これからが楽しみ!」

そこに「お湯を 沸かしただけじゃ・・なかったかな~」とスタッフにツッコまれてました。

そんな会話がとびかう オフィス

園児のための食事を考え、試作をする 食育の実践にむけたキッチンステーション完備です

保育園も二物件させて頂き、

この小さな子供たちが

ものすごい早さで発育している

この子供たちが

昼のほとんどの時間を過ごす保育園

もちろん体に害があってはいけないし

増田オーナーも言われる

感性を育くむ保育園

そんな空間の実現に

これからも努めていきたいですね。


あでっそあぐり「朝採り野菜の料理教室」日程

9月は9日(日)・10日(月)・15日(土)・16日(日)

10月は14日(日)・15日(月)・19日(金)

11月は11日(日)・12日(月)

時間 10:30~15:00の予定です。 受講料¥3,500 

旬の野菜を使って作る 健やか家庭料理を みなさんで一緒にいただきます。    

※ご予約・お問合せは 090-3882-0690 (大橋)まで

あでっそ畑から健康生活を考える。

食べること。「食」 無農薬・無施肥での野菜づくり、そこで出来るすこやかな野菜を中心につくる家庭料理の料理教室や 健康な身体をつくる温故知新な食のワークショップ。 そして住まうこと。「住」 口(鼻)から入ってくるものは食べ物だけではありません。空気 体に有害な材料は使わない、健やかに暮らすための家づくり。 をご提案させていただきます。

0コメント

  • 1000 / 1000